ブログ

伝統工芸のものづくりにおいて

6月に入りますます気温が高くなってきており、染めの作業中はタオルが必須です。

水分もこまめに取り、体調管理には気を付けています。

ただ気温が高くなるほど染めた布がすぐに乾いてくれるので作業効率としては非常に助かるのですが。

 

さて、先日は甘木歴史資料館にて甘木絞り連絡協議会の総会がありました。

甘木絞りを名を掲げてブランドをやり始めたので、今回初めてこちらの総会にお呼ばれしました。

そして総会の話を通して伝統工芸のものづくりというものを改めて考えさせられました。

 

hinomeが目指す伝統工芸のものづくりは「文化、技術的な部分を残しながら産業として発展させていく」ことです。

伝統工芸と考えるとどうしても文化、技術的な部分を重要視してしまい、守りに持ってしまいがちです。

しかしそこを重要視してしまうと現代の人たちのニーズに答えられない、宣伝や広告など販売へのアプローチが弱くなってしまいます。

もちろん保守的な考えがあったからこそ今の日本は沢山の伝統工芸が残っていると思うのですが。

逆に産業面のみを重要視してしまうと手作業はコストの面から排除され、単調なものばかりになってしまい伝統工芸ではなくなってしまうと思います。

 

大事なのは文化、技術的な部分と産業としての部分のバランスです。

 

値段が高い、使いづらいけど伝統工芸を残したいからという気持ちで商品を買ってくれる人はごく一部の人だと思っています。

一般の人たちは(私を含め)やはり安くていいものを使いたいと考えます。

もちろんごく一部の人たちに向けて伝統工芸を残していく方法もあるかと思いますが、hinomeとしては沢山の人たちに甘木絞り、そして伝統工芸を届けたいと考えておりますので、産業としてのアプローチをまずは強くしていこうと思っております。

何より甘木絞りを残していくためには産業として発展させない限り難しいとも考えているからです。

伝統工芸においてこういう現実的な話はあまり話すべきではないという意見もあるかと思いますが、実際問題として考えていかなければならないと思ったのでお話をさせていただきました。

 

 

2017年6月2日 カテゴリー: その他

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

 

月別アーカイブ

 

タグ

 

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

 

 

 

 

お知らせ・新着情報

2019.05.22

2019年日田下駄×甘木絞りコラボ商品 販売開始

お待たせ致しましたが今年も日田下駄×甘木絞りコラボ商品を制作させていただきました。     本日からオンラインショップでご購入できるようになりました。 ...

2019.04.18

茨城県の物産展に出店させていただきます

  5月1日(水)〜7日(火)の期間、茨城県の水戸京成百貨店にて開催される「大福岡展」にhinomeが出店することが決まりました。 水戸京成では初の福岡展が開催されるよう...

2019.03.27

大丸福岡天神店にてPOP UP SHOP出店させて頂きます

  4月10日(水)〜16日(火)の期間、大丸福岡天神店にて開催されるイベント“九州「深」発見 POP UP SHOP”に、hinomeが出店することが決まりました。 九...

 
ページのトップへ戻る